【30代向け】ネクタイのおすすめブランド10選!

ネクタイを選ぶ際に、

  • あれ?このデザインでスーツに合うのか?
  • この柄や色をプレゼントして本当に大丈夫なのか?

と、悩む事が多々あるはず。

特に30代におけるネクタイというのは、20代の頃とは異なる色や柄を求められるようになり、品質においても重要視されます。

では30代においてのオススメのネクタイとはどういったものが良いのか。ここでは柄や色、ブランドにおいて解説していきますので、自身で購入する方もプレゼントする方も参考にしてみてください。

 

30代におすすめのネクタイとは?

実際に、30代向けのおすすめネクタイとはどういったものがあるのか?柄や色、価格帯について以下に解説していきます。

 

30代におすすめの柄

最もスダンダードと呼ばれるネクタイストライプ「レジメンタル柄」は、30代において合わせがしやすく使い勝手抜群。スーツやシャツの色や柄に左右されない「ソリッド」と呼ばれる無地のネクタイも、30代には合わせやすいです。

30代らしくクラシカルな落ち着いた印象を与えたいのであれば、幾何学模様の柄が散りばめられた「小紋柄」のネクタイもおすすめ。特に、ソリッド柄のネクタイは意外と持ち合わせていない上に、品質が顕著に表れやすいので、30代のネクタイ選びに最適です。

 

30代におすすめの色

ビジネスシーンにおいて誠実に見えるのは、「寒色系」と呼ばれる青や水色といった色。ただし、「中間色」と呼ばれる淡い色合いは、入社したての若者に見られがちなので避けるべきです。

基本はダークトーンの濃紺が入った色が、どのスーツやシャツにも合わせられ、かつ洗練された印象を与えることができるので重宝します

それ以外にも、ダークトーンの色のネクタイであれば、赤や茶色カラーも30代らしい落ち着きさが出るのでおすすめです。ただし、ソリッド柄のネクタイでその色を出すと、やや派手な印象を与えることも。

上記2つの色はレジメンタル柄や小紋柄で合わせるのが良いでしょう。

 

30代にふさわしい価格帯

30代において相応しい価格帯として、1万円台のネクタイを1本所有しておくのが良いでしょう。特に、ネクタイの素材の代表格として「シルク」が挙げられますが、1万円台になると、より光沢感や滑りの良さが出て品位が増す為です。

とはいえ、安価なネクタイでもクオリティーの高いものは出回っているので、全部が全部1万円台でなくても問題ありません。

 

30代おすすめ!ネクタイブランド10選

ここからは、30代にオススメのネクタイブランドを紹介していきます。

どれも高品質でTPOに合わせたブランドを取り揃えているので、Vゾーンをスタイリッシュに演出してみて下さい。

 

1. BLACK LABEL CRESTBRIDGE(ブラックレーベル クレストブリッジ)

ブリテッシュ&トラッドを組み合わせた英国らしいテイストが特徴的なブランド。三陽商会がライセンス契約を結んでいた「バーバリーブラックレーベル」の後継として2015年に登場したブランドです。

ネクタイにおいても英国らしいテイストを醸し出しており、タータンチェック、レジメンタルといった柄が多く、スーツで合わせがしやすいものばかりとなっています。

もちろん品質においても折り紙付きで、上質なシルクを使用したネクタイが多く、30代の方が締めてもエレガントな装いを醸し出してくれますよ。

2. Paul Smith(ポール・スミス)

知名度抜群のアパレルブランド「ポール・スミス」。ポール・スミスだけあって、多彩なデザインが魅力的となっています。

シンプルなソリッド、レジメンタル、小紋、ドット柄のネクタイから、個性的なプリント柄やダマスク柄(植物、果物、花柄などを使って、つながったように繰り返す柄)まで幅広いラインナップを展開しているのです。

価格帯においても2万円近くするものから1万円を切るものまで用意されているので、予算状況に応じてネクタイをセレクトできるのもポイントです。

 

3. Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)

イタリアを代表する高級ファッションブランドで、高品質なゼニアスーツでも有名。高品質なのはスーツだけに留まらず、ネクタイにおいてもハイクオリティーとなっているので、30代のVゾーンを上品に演出してくれます。

デザインは使い勝手の良いものが多く、それでいてあか抜けたネクタイが多いので、見栄えするものばかり。いつものネクタイよりもワンランク上のネクタイを締めたい方や、プレゼントで高品質なものをセレクトしたい方には最適です。

 

4. COMME CA MEN(コムサ・メン)

1981年にファイブフォックスで最初に立ち上げた、歴史あるブランド(旧名コムサ・デ・モード)。程良くモードのテイストを取り入れながらもベーシックなデザインが多く、30代が締めても様になるネクタイを多く取り揃えています。

チェック、ソリッド、レジメンタル、ペイズリー柄と、派手さが無い分だけビジネスシーンで活躍できるものが多いのです。メイドインジャパンのブランドだけあって、日本人に合うネクタイが多いのが特徴的ですよ。

 

5. BREUER(ブリュワー)

創業して100年以上もの歴史があるブランドで、初期にネクタイ専門として立ち上げただけあって、品質、デザインにおいては30代男性が満足できるものが揃っています。

ベーシックなデザインを基本とし、クラシカルなネクタイからブリティッシュなものまで、TPOに合わせてセレクトできるので、ビジネスマンとしての見栄えや清潔感、信頼感を与えてくれるでしょう。

流行り廃りのないうえに質の高いネクタイが揃っているので、長く愛用して頂けますよ。

 

6. Paulstuart(ポールスチュアート)

ニューヨーク発の高級メンズブランドで、確かな上品さと流行に左右されないシンプルなデザインが特徴的です。

その上品さとシンプルさはネクタイにおいても同様で、スーツやシャツのデザインに極端に左右されることのない品良く見せてくれるネクタイが揃っています。

とはいえ、ネクタイの「小剣(ネクタイの幅の狭い方で、別名スモールチップと呼ばれている)」部分に「大剣(ネクタイの幅の広い方で、別名エプロンと呼ばれている)」とは異なる柄を組み合わせた遊び心を持たせたデザインも用意されていますよ。

 

7. EPOCA(エポカ)

洗練されたデザインを軸に、30代においてのカジュアルシーンやビジネスシーンに活躍できるアイテムが揃っているブランド。洗練されているだけあって、ネクタイにおいてはより真面目ささを与えてくれるデザインが多く揃っています。

ベーシックなデザインはもちろんのこと、やや個性的な柄物まで扱いがありますが、その柄物でさえいやらしく感じなく、スマートに締めることができるのはエポカならでは。

華やかな柄でも誠実さを与えたい方には最適ですよ。

 

8. Renoma(レノマ)

フランス発のブランドで、スタンダードでありながらもさり気ない遊びが入ったデザインが特徴的です。

レノマの最大の魅力はロープライス・ハイクオリティーで、シルク100%のネクタイを使用しながらも1万円を切る価格帯となっているので、低価格でも質の良いネクタイを締めたい方にはうってうけ。

シンプルなネクタイからデザイン性の高いものも取り扱っているので、幅広いニーズに対応しているのも魅力的と言えるでしょう。

 

9. Orobianco(オロビアンコ)

メンズバッグにて高い人気を誇るイタリアブランド「オロビアンコ」。バッグ以外にもネクタイにおいても取り扱いがあり、オロビアンコらしい品位さと使い勝手の良さがウリとなっています。

全体的に誠実さを与えてくれるネクタイが多いので、正統派なビジネスシーンでの活躍に期待できるでしょう。

また、イタリアブランドだけあって英国調テイストのエレガントさも与えてくれるネクタイが多いのもポイントですよ。

 

10. ETRO(エトロ)

百貨店をメインとして出店しているイタリア発のラグジュアリーブランド。

アバンギャルドなデザインが多く、デザインや品質において一にも二にも差を付けたい男性にはオススメです。

いつもと違った装いをしたい、華やかさをネクタイに与えたい方には、エトロのネクタイを締めることでグッと高まります。

 

まとめ

ラグジュアリーブランドから知名度の高いブランド、さらには30代においてオススメのネクタイの柄や色についてもご紹介していきました。

ネクタイ一つで派手で華やかな印象や、真面目で誠実な印象を与えるので、シーンに合わせてネクタイをチョイスし、スーツスタイルをさらに魅力的に仕上げてみて下さい。