スーツサイズの見方と号数・体型について

既製スーツアイキャッチ

社会人になると必ず用意しなければならないアイテムがある。そのひとつが洋服の青山・スーツのAOKIといったスーツ量販店で購入できる「既製品のスーツ」です。

ただし、これらの既製スーツは、サイズがあらかじめ決まった状態で販売されているため、

  • 正しいサイズ感
  • 正しいサイズの選び方
  • スーツサイズ表の見方

といった基礎知識が必要不可欠です。

売り上げを目的とした販売員に惑わされないためにも、サイズ選びの基礎知識は今のうちに覚えておきましょう!

既製スーツとは?

既製スーツ

別名「吊るし」とも言われる既製スーツは、

  • 洋服の青山
  • スーツのAOKI
  • はるやま

…といった大型量販店で販売される、デザインやサイズなどがすでに完成したスーツのことを指します。

注文に応じて1からつくりあげるオーダーメイドではないため、価格が比較的安めに設定されていますが、肩幅や着丈などの細かなサイズ調整はできません。

 

日本のスーツサイズ表示は「号数」と「体型」の組み合わせ

カジュアル服とスーツ、両方を販売しているショップの場合は、S・M・Lといったカジュアル表記で表示されていることもありますが、一般的なスーツ量販店では

  1. 体型(横幅)
  2. 号数(縦幅)

の2つの組み合わせによってサイズが分かれます。

よく見るY-4やA-5といった独特な記号のことです。

 

体型(横幅)

スーツサイズ表示のアルファベット部分を指す「体型」は、胸囲と胴囲の寸法差によって区分けされます。

基本的には、画像のようにY体<A体<AB体…の順でつづきますが、ブランドによりYA体など少し特殊なサイズも存在するため、ひとまず以下のように覚えておくのが無難です。

  • Yがつけばスリム
  • Aがつけば標準〜がっちり
  • Eがつけばゆったり

 

号数(縦幅)

一方、スーツサイズ表示の数字部分を指す「号数」は、身長の高さによって区分けされます。

号数は身長が低くいほど小さくなり、高いほど大きくなると覚えておきましょう。

 

自分のベースとなる号数を知っておく

自分のベースとなる号数を覚えておくことは、さまざまなメリットがあります。

  • いちいちサイズを計らなくてすむ
  • 自分のペースでゆっくり選べる
  • 胡散臭い販売員に話しかけられない

 

ただ先ほどもお伝えしたように、いつもはYA体だが他のショップではY体だったなどの例外もあるため、あくまで”ベースのサイズ”という認識にとどめておきましょう。

 

既製スーツのサイズ体型表と見方

既製スーツサイズ-1

これがスーツの体型と号数を表した一般的なサイズ表。国内の既製スーツを選ぶときは、このサイズ表がとても参考になります。

例えば、身長が170cm程度でウエストが76ぐらいならば、基本的なスーツのサイズはY5〜A5あたりを考えておけばOKです。

というように、「自分の身長とウエストの交わるところ」が基本的なあなたのサイズとなるわけですが、各ショップによって若干サイズ表が異なることは覚えておきましょう。

 

既製スーツサイズ-2

ちなみにこっちが大きいサイズ表。

 

すでにスーツを持っている場合はサイズタグを確認しよう

スーツのタグを参考にする

もしサイズのちょうどいいスーツがお手持ちにあるのなら、スーツに取り付けられたサイズタグを参考にしましょう。

これは全てのスーツに必ず付いているものなので、これまで解説してきたサイズ表なんか見なくても超簡単に自分のサイズが確認できます。

ただし、以前より体格が一回り大きくなった、または小さくなった場合には、サイズの見直しが必要なので注意してくださいね!

 

まとめ

スーツは「サイズが命」といっても過言ではありません。

たとえそのスーツが量販店で購入した安いスーツだったとしても、正しいサイズ感で着こなせば、とてもカッコよく仕上がります。

この記事を読んで、少しでも多くの人がスーツのサイズ感を意識してくれますように!